FUCHSのオイルに交換して“限定レーシングミク・マグカップ” が貰えるキャンペーン開催中!

FUCHSのオイルに交換して“限定レーシングミク・マグカップ” が貰えるキャンペーン開催中!です。

キャンペーンについては阿部商会さんHPをご覧ください!http://abeshokai.jp/fuchs/fuchs2018miku/

エディフィスのスタンダートオイルとして愛され使い続けている『FUCHS』!! 

About FUCHS フックスとは

FUCHS(フックス)は、創設者Rudolf Fuchsによって1931年にドイツ・マンハイムで創業した、現在世界最大の潤滑油のスペシャリストです。創業以来80年以上、潤滑油一筋に研究、開発を続けてきました。現在では世界40カ国以上に事業所、研究所、製造拠点を展開しているグローバル企業です。
 FUCHS(フックス)が持つ大きなアドバンテージのひとつに、オイルメジャーの潤滑油ブランドではなく、潤滑油専門の独立したメーカーであることが挙げられるでしょう。潤滑油に特化した製油所を自社で所有し、長年に渡る研究やはもちろん、生産、販売などを全て自社で行っている企業としては、FUCHS(フックス)は世界最大規模です。また研究部門を社内に持っているため、常に最新の技術をいちはやく製品にフィードバックできるのも大きな特徴といって良いでしょう。
 FUCHS(フックス)が作り出す潤滑油は、あなたの身近なところにすでに存在しています。例えば、多くの欧州車が新車時に充填しているエンジンオイルやATF、グリースなどにFUCHS(フックス)が選ばれているのです。またFUCHS(フックス)製品は自動車関連だけにとどまらず、油圧作動機械用の作動油や機械加工時に必要となる切削油など、あらゆる分野で活躍しているのです。あなたの知らないところで、すでにあなたはFUCHS(フックス)ユーザーかもしれません。

FUCHS(フックス)は、より自動車開発の現場に近いポジションで製品の開発を行うために、ヨーロッパの多くの自動車メーカーをパートナーとして選び、常に新しい自動車にマッチしたオイルの開発を進めています。エンジン開発段階から積極的に関わることで、新世代のエンジンにいち早く対応することが可能となるのです。FUCHS(フックス)が得意とする低粘度オイルも、低フリクションと高皮膜性能を求めるエコエンジンを開発する自動車メーカーとのパートナーシップによって生み出された技術です。その結果、FUCHS(フックス)は’09年におよそ3000もの納入業者の中から、潤滑油部門で唯一ダイムラーサプライヤーアワード(Daimler Supplier Award)を受賞しています。そして現在でもFUCHSは多くの自動車メーカーで新車時に充填するオイルとして選ばれているだけでなく、日々新しくなるエンジンの厳しい基準にいち早くクリアすることで、世界中の多くの自動車メーカーに承認されたオイルに選ばれているのです。

 

メルセデス、BMWを初めドイツ車のオーナーにはおなじみのFUCHSのエンジン・オイルです、もちろん!もちろん!国産車にも全然OK!!

FUCHSオイルは非常にコストパフォーマンスに優れたオイルで、普段使いにはこれ以上無いクオリティだと思います。

タペット音が目立つこともなく高速走行でも油温が上がりにくく、上がった後のタレも少ないのでがんがんビュンビュン走る人にも向いてま~す!・・・・FUCHSオイル最高ス!!

コスパも最高!是非一度お試しください!