ロータス・エキシージ スポーツ 410 登場!

ロータス・エキシージ スポーツ 410 登場!

・EXIGE レンジから派⽣した新シリーズの市販モデル
・サーキット⾛⾏を重視したエキシージ CUP シリーズのノウハウを活かした究極のロードカー
・0-100km/h 加速 3.4 秒、最⾼出⼒ 306Kw(416PS)、乾燥重量 1,054kg
・ダウンフォース 150kg
・クーペとロードスターの 2 タイプ

ロータスカーズ⽇本正規販売輸⼊総代理店のエルシーアイ株式会社(代表取締役社⻑:⾼橋 ⼀穂、東京都⼤⽥区)は、2018 年6 ⽉22⽇より全国の正規販売代理店に於いて、ロータス・エキシージ スポーツ 410 の販売を開始致します。

ロータス・エキシージ スポーツ 410 ⾞両本体価格: 13,986,000 円(消費税込)

デリバリー開始時期は、2018 年 11 ⽉を予定しています。

スポーツカーとして他に類を⾒ない EXIGE レンジ。そのラインナップに、⾼速性と実⽤性を絶妙に兼ね備えたロータス・エキシージ スポーツ 410 が新たに加わりました。

EXIGE レンジには、この新しいエキシージ スポーツ 410 を含め、価格、性能、モータースポーツ性がそれぞれ異なる様々 なモデルが揃っています。サーキット志向の強いエキシージ CUP シリーズのノウハウを活かしたエキシージ スポーツ 410 は、同クラスで並ぶもののない究極のロードカーとなるべく設計されています。

EXIGE レンジに加わったこの最新モデルは、よりパワフルなサーキット向けのエキシージ CUP シリーズをベースとする先進のシ ャ ー シ 、 サ ス ペ ン シ ョ ン 、 パ ワ ー ト レ イ ン を 備 え 、 最 ⾼ 出 ⼒ 306Kw(416PS)/7,000rpm と 最 ⼤ ト ル ク410Nm/2,500-7,000rpm を発⽣するインタークーラー付き⾼性能 3.5 リッターV6 スーパーチャージャーエンジンを搭載しています。しかも、最低乾燥重量はわずか 1,054kg。

0-100km をわずか 3.4 秒で疾⾛し、爆発的な加速⼒で最⾼速度 290km/h(クーペ)に到達。エアロダイナミクスには、⼤型グリル、カーボンファイバー製のエアカーテンとフロントスプリッターを装備した⼈⽬を引く改良版軽量フロントクラムパネルを採⽤し、150kg のダウンフォースを発⽣します。

すべてのロータス⾞は、卓越したハンドリング性能とアジリティが DNA に組み込まれています。エキシージ スポーツ 410 も例外ではありません。⾮常に⾼いレスポンスと精度を備え、最⼤限の快適さとドライバーフィードバックを提供しながら、最⾼のパフォーマンスを発揮します。

今回のフロントクラムのデザイン変更はEXIGEレンジ全体で実施され、エキシージ スポーツ 350 のビジュアルも新しくなります。エキシージ スポーツ 410 とエキシージ スポーツ 350 はどちらもクーペとロードスターの 2 タイプを提供致します。

 

丹念に作り込まれたエキシージ スポーツ 410

「スポーツ」という名前が⽰すように、新型エキシージ スポーツ 410 は、公道⾛⾏向けでありながら極めて⾼いレスポンスとアジリティも併せ持つ、絶妙にバランスの取れた⾞です。

ロータスの「CUP」モデルがサーキット⾛⾏に焦点を当てて開発されるのに対し、「スポーツ」モデルではパフォーマンス、アジリティ、トラクションの完璧なバランスが追求されます。
軽量設計で業界をリードするロータス⾞は、標準装備の軽量カーボン製フロントスプリッターや、アクセスパネルからカーボン製テールゲート、リアウィングに⾄るまで、グラム単位で軽量化が図られています。

エキシージ スポーツ 410 では、フロントクラムパネルのデザイン変更に伴いグリル開⼝部の幅が広くなったことで、エアロダイナミクスが向上。ハンドリングバランスと⾼速⾛⾏時の安定性を維持するために、CFD モデリングと⾵洞テストを徹底して⾏った結果、

最⼤ 150kg(前 60kg、後 90kg)のダウンフォースを達成しました。

フロントスプリッターは⾞体下のエアフローを最適化し、フロントクラムパネルに追加されたエアカーテンは空気をフロントホイール開⼝部へと効率良く送り、ホイールが⽣み出すタービュランスを低減します。リアには⼤型のアルミ製ディフューザーと新しいハイマウントウィングが装備され、これらすべてがエキシージ スポーツ 410 のダウンフォース向上に貢献しています。

 

エンジンには、⽔冷式インタークーラー⼀体型 3.5 リッターV6 スーパーチャージャーエンジンを採⽤。

最⾼出⼒は306kw(416PS)/7,000rpm、最⼤トルクは 410Nm/2,500-7,000rpm を発揮します。

また、内部構造むき出しのシフトレバーを備えるクロスレシオ 6 速マニュアルトランスミッションに合わせ、

オイルクーラーと⼤型クラッチを採⽤しています。

改良されたエアロダイナミクスに合わせ、公道⽤にリチューンされたナイトロン製の 3 段階調整式ダンパー、および前後に標準装備される調整式のアイバッハ製アンチロールバーは、ともにドライバーの細かい要求(リバウンドおよび低速/⾼速のコンプレッション)に応じてカスタマイズでき、クラス最⾼⽔準を誇るシャーシの完成度を⾼めています。

タイヤは ミシュランPilot Sport Cup 2を装着。前215/45 ZR17、後285/30 ZR18と、リアがエキシージ スポーツ380と⽐較して、20mm ⼤きいことから、トラクションに優れ、この⾞の超軽量鍛造アロイ製ホイール(ブラック、シルバー、レッドから選択可能)との相性も抜群です。鍛造 4 ピストンキャリパーと 2 ピース J フック仕様ブレーキディスクを備えるブレーキは APレーシング製。熱容量が⼤きく⾷いつき感に優れたこのディスクは、摩耗粉がたまりにくく、安定したペダルタッチと⼤きな制動⼒を実現します。

エキシージ スポーツ 410 のパフォーマンスオプションには、チタン製フル・エキゾースト・システム、(リアアクスル後⽅の重量10kg 削減)、光沢を放つ織⽬模様のカーボンファイバー製コンポーネント(ビナクルトップ、シルカバー、バージボード、ハードトップなど)が含まれています。また、キルスイッチと消⽕システムなど、モータースポーツ向けのオプションも多数⽤意されています。

キャビン内でまず⽬に⾶び込むのは、⾼い評価を得ているオープンゲートのマニュアルシフトレバー。正確かつ素早いシフトチェンジが可能です。アルカンターラ素材のステアリングホイール、コントラストカラーのステッチが施されたロータスオリジナルのカーボンファイバー製スポーツシート(アルカンターラ/レザーの組み合わせまたはフルレザー、またはタータンから選択可能)にもディテールへのこだわりが感じられます。

オプションのインテリア・カラー・パック(5 ⾊から選択)は、トランスミッションコンソール、HVAC 周り、カーボン・シート・アイレット、およびパワー・ウィンドウ・ベゼルを鮮やかに彩ります。標準装備として、センターコンソールとダッシュボードにはアルカンターラ素材、ドアカードにはアルカンターラとレザーの組み合わせのトリミングが施されています。

 

ロータス仙台  TEL : 0223-25-1505 営業時間10:00〜19:00( 定休日:毎週水曜 / 第1火曜 )