カムセンサー配線の断線修理 原因はファンベルト一部切れた切り端!  ファンベルトの点検もお任せください。

カムセンサーの断線も見つかりました、原因はファンベルトが一部切れて切れ端がセンサー配線に当たり損傷した様です。

dscn1906  dscn1911 dscn1913

ファンベルトに異常が出てくると、「キュルキュルキュル・・・」の連続した異音『鳴き』が発生することがあります。『鳴き』が聞こえた場合、ファンベルトが劣化して亀裂や割れが発生している可能性があります、ゴムは性質上、劣化する事はほぼ避けられませんので交換が必要になります。『鳴き』が発生していなくても、一定の走行距離や使用年数でファンベルトは交換をお勧めします、お車によって違いますが、走行距離は5~10万km位、使用年数3~5年位の交換が目安ですね。