【感動!】思わず涙。伊藤真一と青木拓磨の夢のランデブーがレン耐で実現!!

バイク好きがずっと夢見てきた「伊藤真一」と「青木拓磨」のランデブーがレン耐で実現した…

こんにちは。エディフィスの守り神、「Y」です。

さて、HONDAを代表するライダーと言えば、

我がエディフィスの「伊藤真一選手」!

そして、バイク好きの中には、

「青木拓磨選手」

をあげる人も少なくないのではないでしょうか?

ポテンシャルが高く皆に愛され続けた「青木拓磨」と言うライダー。

二人は、HONDAの先輩後輩の間柄。

青木選手は1998年の事故により脊椎損傷のけがをしてしまい、現役を引退。

 

ただ、その後も、

様々な活動をしてバイク業界に貢献。

業界を盛り上げる活動に取り組み、

2019年鈴鹿8耐デモランで奇跡の復活をしました。

今回の2020614日宮城県菅生で行われた「レン耐」も主催者として活躍中です。

 

女性も楽しめる「レンタルバイク耐久=レン耐!」

参加者はサーキット初走行の方も多く、誰でも気軽に参加できるレースです。

レースルールも、

・女性にぶつかると失格

・ガス欠になると補充した分を周回減らす。

・ピットインで交代する際に、腕立て伏せ、スクワットしないとピットアウトできない。

・こけたら罰金5000円

などなど..

誰でも楽しめる内容になっています。

 

そしてなんと、今回のレン耐。

 

青木選手本人も

レースに復帰すると言うではありませんか!!!

こりゃ、エライことになった!!!

 

菅生で奇跡の競演!見ていたファンからの歓声がとまらない!

 

実は青木選手、1998年以来のバイクレース参加となりました!!

しかも、

現役時代の盟友である伊藤真一とのバトル付き!(上の動画)

 

青木選手はモンキー、伊藤選手はグロム。

 

2人とも抜いたり抜かれたりで…(やはりプロだから見せてくれました)

 

参加者もくぎ付けになり、毎ラップ戻ってくるたび、拍手と歓声すごかった。

 

言葉にできないほどの感動を与えてくれました。

菅生のレースの結果はおとなげなく、伊藤真一んSIレーシングが優勝(笑)

伊藤選手は表彰台で

参加者の皆さんにごめんなさい(苦笑)

と思わず謝ってましたね。

とにもかくにも、バイクファンにとっては最高に楽しい1日になりました!

やっぱりサーキットで走るのは最高ですね!