LOTUSとPORSCHEは何が違う?シンプルであることの良さを教えてくれる素晴らしさとは。

IMG_2927

LOTUSとポルシェ。サーキットの狼世代にはたまらない2台巨頭

 

LOTUSとPORSCHE サーキットの狼世代は、おもわず創造してしまう伝統あるネーミングです。

最近のポルシェは会社として大きくなり、高級で、3000万円が当たり前になってしまいました。

 

オプションも500万円とか。

本来の「シンプル、丈夫、コンパクト」

のイメージとはかけ離れています。

 

911カレラでもオプション含めると、1500万円程度になります。

 

それでもポルシェは売れに売れています。

やはり良い車ですからというところが大きいでしょう。

 

一方のLOTUSはというと、ポルシェほどではないにせよ。少し高級路線になっていますね。

エキシージ350でも1000万円以下、エリーゼなら600万円。

 

ポルシェほど高級な装備は皆無で、ライトはいまだにハロゲン、ETC後付け、ナビ後付け。

 

オプションと言えば、色とか簡易な装備くらい。本当に走る事以外何も考えていません!

 

実はサーキット走行に向いているのはこの2社のマシンだけ。

ノーマルで走れるのは、LOTUSとPORSCHEだけです。

他社は、ブレーキパッドなど、何かしらモディファイしないと走れません。

 

シンプルだからこそ、長持ちするLOTUS。

 

LOTUSはとにかく車体重量が軽い。

軽いから、タイヤ長持ち(Sタイヤでもほとんど減りません)ブレーキも良くききます。

 

エリーゼSスーパーチャージャーで、サスペンション交換、タイヤ交換だけの車で、SUGOを1分36秒で走ります。

このタイムを他車で出そうと思えば、GT3、GTRなどです。

となるとコスパは最高ですよね。

 

コレクションとしてもLOTUSは市場価値高し!値下がりしない!

 

しかもLOTUSは中古市場でも人気の車両です。

大抵は、新車の半値になりますが、LOTUSは3分の2程度の価格で売却できます。

 

丈夫、壊れない(とにかく軽いから、駆動系、ブレーキ、タイヤ、長持ちします)素晴らしい車です。

皆様、ぜひLOTUSをサーキットで試してみてください。

あなたの本能を引き起こすスピードを体感させてくれる相棒に必ずなるはずです!!