「エディフィスコーティングラボ」では大事な愛車をピカピカに磨くためのプロのノウハウをお届けします!

愛車をピカピカにするには、肌の下地づくりが大事なんです!

ピカピカの車が大好き!工場長の佐藤(寿)です。

洗車機薄傷や長年堆積された汚れ等によって荒れた塗装の表面を薄く削り取り、ピュアな状態することです。

に例えるとお化粧や汚れをクレンジングで落としすっぴん美人にする様なことです

磨きによって傷をできるだけ消して美しい塗装面にして、正しいコーティングを施工することが重要です。

つまりコーティングの工程で一番大事なのは下地作りなんです。

エディフィスでは磨き職人(ズィープロダクツ)の熟練の技で極上の状態に仕上げます。

 

磨いた後の下地のビフォーアフター

ではでは、磨き比較です。

左側が磨き前。

右側が磨き後。

 

蛍光灯の反射を比較してください!

明らかに施工後の後がピカピカ☆になりました!

 

ピカピカを長持ちさせるには、コーティングの材質が重要だった!

下地がキレイになったら、早速コーティングに入ります。

車の塗装面にコーティングの膜をつくる作業ですね。

このコーティングの方法にもエディフィスは超耐久性と驚異的な撥水性「G’ZOXコーティング」を採用しています

 

ポリマー系コーティング

ポリマー系コーティング

ロウ成分が主成分で、反応性ではないため、ガラス系コーティングに比べ、光沢・ツヤ性能や持続性能が劣る。

 

ガラス系コーティング

ガラス系コーティング

形成されるコーティング被膜は、反応硬化型であり、ポリマー系コーティングに比べ、被膜硬度や耐久性、光沢・ツヤ性能が高くなる。また、ガラスと類似した分子構造となるため、コーティング被膜は親水状態になる。

 

G’ZOXコーティング←エディフィスはコレ

G'ZOXコーティング

長年の研究と独自の技術により、ガラス系コーティングの分子構造内に撥水基の化合物を組み込むことに成功。これにより、ガラス系コーティング特有の高いツヤ・光沢・防汚・耐久性能を発揮しながら、素晴らしい撥水性能を実現する。

 

大事な愛車。中身だけじゃなくて見た目もピカピカに!

という感じで、

コーティングという分野はなかなかに奥が深〜い分野なんです。

コレからも愛車をキレイにする方法を「エディフィスコーティングラボ」からお届けしますので、ぜひチェックして見てください!

 

もちろん、車検の時についでに愛車をピカピカにすることも可能ですよー!

ボディコーティング キャンペーン開催!

当店ではお客様のご予算やご要望に応じた施工を行っておりますので気軽にご相談ください。

 

Produced byズィープロダクツ