X-BOW画期的、純粋、そして斬新。

X-BOW GT

X-BOW GT 車両本体価格 14,202,000円〜

目を見張るような外観、突出した技術、息を飲むような性能、あるいは伝統ある歴史によるものか。しかし、KTMクロスボウGT のように、徹底的にかつ妥協することなく「スーパースポーツカー」という呼び名がふさわしい車は他にはない。

X-BOW GT

X-BOW R 車両本体価格 13,122,000円〜

KTM クロスボウR は、妥協を許さないドライビングマシーンとして、細部の細部にいたるまで設計されている。純粋な快適性目的の従来部分の多くは取り除かれている。ルーフやウインドスクリーンなしで済ますことは、エアコンやエンターテイメントシステムを省くことと同様、やや慣れを必要とする。しかし、すべては一番重要な一点、ドライビング・エクスペリエンスに集中するためである。

PHILOSOPHY

X-BOW GT

質実剛健、必要最小限、そして多くの技術革新を一緒にしたスポーツカー

オーストリアのメーカー KTM は2008 年、21 世紀のスーパースポーツカーをどのように考えているか、KTM クロスボウの量産形態をもって表明した。「私たちは、コーリン・チャップマンの考え、つまり、質実剛健で、必要最小限まで減らした軽量のスポーツカーという考えと、できる限り多くの技術革新を一緒にして、新しい世紀にそれを実現したかった。」、とKTM の CEO ステファン・ピエラーは話し、同社の歴史上初の四輪車の開発を思い返す。

いつでも「Ready to Race」のドライビングエクスペリエンスを。

新型GT は、よりワイドで、より低く、よりコンパクトでよりパワフルな印象がある。抵抗を減らし、ダウンフォースをより発生させるために、空力特性を改善してきたという事実は、言うまでもなく、そしてもし何かあるとすれば、KTM クロスボウのレース遺伝子のためである。もちろん、ウインドスクリーンとソフトトップを持つオーストリア製スーパースポーツカーが、純粋さや革新さに欠けるわけでは決してない。ご自身の目で確かめてはどうだろう。今はヘルメットなしだが、21 世紀のスポーツカー技術が、数多くこの最新モデルに採用されていること、そして厳密には、KTM クロスボウとドライビング・エクスペリエンスを非常に特別なものとするレースのDNA を。そして、いつでも「Ready to Race」ということなのである。

ACCESS

ガレージエディフィスへご来店の際はこちらをごらんください。

〒989-2453 宮城県岩沼市大昭和14-30
ガレージエディフィス/ロータス仙台 TEL : 0223-25-1505
10:00〜19:00(定休日:毎週水曜日)

EDIFICE PARTNERSHIP

Youtube

プロのドライビング講座やカスタムレビューなど見応えのある動画をお届け。